このエントリーをはてなブックマークに追加

昔と比べて

制服はクリーニングに出さないと綺麗にすることができませんでした。ですが、現在では制服に使われている記事は家庭でもクリーニングをすることができる生地に変わっています。

» 続きを読む

工夫して時短する

時間が無い現代人は、時間を上手に使うことで空いた時間を活用することが重要になってきます。クリーニングの便利な時短方法として、宅配クリーニングのシステムが便利になっています。

» 続きを読む

家にいながら

宅配クリーニングでは、こちらがクリーニングして欲しい衣類を送ることで、仕上がった衣服を自宅まで届けてくれるサービスです。わざわざ店舗まで取りに行かず済むため、忙しい人でも便利に利用できます。

» 続きを読む

労力がとられる

袋に詰め放題OKのシステム

家庭の家事の中で、最も労力が大きいものは選択であると言われています。最近では、全自動洗濯機や乾燥機の普及で、大分手間が減った感じがしますが、毎日の作業となるとどうしても時間が取れない時があります。そのような人に宅配クリーニングはピッタリのシステムです。クリーニング会社が用意した袋に、洗濯物をいっぱいに詰めて定額料金というので、大変お得感があります。袋に詰めた洗濯物を集荷してくれて、クリーニングが仕上がれば家まで宅配してくれるシステムは、忙しい現代人に打って付けです。袋に詰められる物は、水洗いできる品なら何でも構わないと言うことで、独身者は下着の選択を依頼する人もいるそうです。洗濯の作業をする人と顔を合わせることはないので、恥ずかしい気持ちも半減します。

月一回から週一のシステムへの変化

宅配クリーニングのサービスが始まった頃は、同じように袋に詰め放題で定額制でしたが、各社とも一か月に一回の集荷、宅配が主でした。しかし、客からは、一か月分の洗濯物を溜めておくのは衛生的に問題との声が上がり、週に一回の頻度に変更されました。最近では、定期的な継続利用の他に、梅雨の時期の限定サービスなども始まり、独身者や家庭の主婦の間に人気が高まっています。そして、宅配クリーニング業界では、更に顧客の獲得を目指して、小サイズの集荷袋を無料で配るキャンペーンも始めています。宅配クリーニングの料金システムは、集荷袋への課金なので、袋を受け取った人は、一回分のクリーニングが無料になります。このようにして、宅配クリーニングは更に広まりつつあります。